絵葉書のように

 

 

 

読んでしまっても、いつまでも読み終わってないような、不思議なストーリー。

いまも、この絵葉書が好き。